尼崎市の小児科・内科・アレルギー科|阪急神戸線塚口駅より徒歩2分

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-4-21
TEL 06-6429-3009

院長の一言

院長の一言
ご予約について
ホーム»  院長の一言»  院長の一言»  2014/12/03(水)「咳の診断」

2014/12/03(水)「咳の診断」

2014/12/03(水)「咳の診断」

咳の原因は様々です。原因によって治療薬は変わってきます。「咳止め薬」は咳の原因によっては使ってはいけない時があり、乱用は体にとって良くありません。

咳の原因を診断するには、患者さんからの話(病歴)が診察とともに非常に重要です。いつから始まったのか、どういう時に咳が多いのか(日中か夜か睡眠中か、睡眠の前半か後半か、起床時かなど)、咳の誘発原因はあるか(話をする、笑う、運動する、冷気を吸う、鼻をすするなど)、咳が多い姿勢はあるか(仰向けに寝る、起きているなど)、痰はからむか、痰は咳き込みの最初からあるか後半にやっと出てくるか、など様々なことを参考にします。

したがって患者さんの様子をよくわかっている人が来ていただかないといけません。特に咳が長引いていたり、他の医院の薬でも効かなかった時は詳しくお話を伺うことになります。前医での治療内容も重要です。

2014-12-03 15:55:00

院長の一言

 

PageTop